解離性障害(かいりせいしょうがい)とは、
心的外傷への自己防衛として、
自己同一性を失う神経症の一種。
自分が誰か理解不能であったり、
複数の自己を持ったりする。

解離性障害

2007年09月09日

解離 性 人格 障害



かなり広範囲のリストカット(手の甲から二の腕真中まで)を見たときどう思いますか?...
かなり広範囲のリストカット(手の甲から二の腕真中まで)を見たときどう思いますか?妹が解離性人格障害で切ってるときの記憶が無い為切りたくないのに切ってしまいます。普段は本当にどこにでもいるような若者で、一緒に遊びに行ったりします。でもやはり周りの目が私は気になってたまらない気持ちになります。男性は見ても顔にも出さず普通なのですが、女性は「ちょっと見てよあれ・・」みたいに友達に広めコソコソ話し出します。当の本人(妹)は別に隠そうともせずTシャツを着て電車の中ではつり革にもつかまります。私が気にしすぎでしょうか?早く長袖の季節になってほしいです・・(続きを読む)


解離性障害
自分が自分であることに混乱する(自己同一性の混乱)、または新たな自己同一性を装う。本人にとってはこの状態が苦痛で、社会的機能に障害がある。 解離性同一性障害 明確に区別できる複数の人格が同一人に存在し、それらの複数の人格が本人の行動を統制 ...(続きを読む)



posted by 解離性障害 at 03:24| 解離性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。